青木優美クリニック 胃腸内科

免疫力検査 (免疫年齢)

about

免疫力検査

病原菌やウイルスの侵入を防いだり、体内にできた害をもたらす細胞を除去する力。このしくみを免疫といいます。
そのしくみは実に精巧にできていて、いくつもの免疫細胞が協調しあって働いています。がん細胞を死滅させたり、風邪などの病気にかからないように外的の侵入を防ごうとする戦う力。これが「免疫力」です。免疫力検査とはこの免疫細胞を調べ、免疫年齢を測定します。

免疫力検査報告書

menneki-houkokusyo

各免疫細胞の働き

顆粒球

異物を除去する役割がある反面、アレルギーや炎症などなどによって数値が変動します。

単球

細菌などに初期段階で応答し、ほか細胞へ情報を伝達します。

リンパ球

ウイルスやがん細胞などへの攻撃の中核を担います。

T細胞

ウイルスやがん細胞などへの強力な攻撃や情報の記憶、免疫活性化等の様々な役割をもっています。

NK細胞

ウイルスやがん細胞など、元々体に備わっていない異物を初期段階で認識し、素早く攻撃します。

β細胞

ウイルスやガン細胞などの情報を覚え、ほか細胞への情報伝達及び同じ異物の侵入の際、素早く対応します。

ナイーブT細胞

若い細胞のため、寿命が長く、元気で殺傷能力が高い。樹状細胞から情報を受けてキラーT細胞、ヘルパーT細胞へ分化しウイルスやがん細胞などへ対応します。

ヘルパーT細胞

他細胞を増殖・活性化し、ウイルスやがん細胞などへの免疫抵抗性の上昇を促します。

キラーT細胞

樹状細胞から受け取った情報を元にウイルスやガン細胞などに対し、強力な攻撃を行います。

ガンマデルタT細胞

NK細胞及び他のT細胞が認識できない異物に対し対応します。

制御性T細胞

働きすぎる攻撃性の細胞に「ブレーキ」をかけます。異物に対しての過剰な攻撃により起こりうるアレルギー、炎症、疾患等を抑制します。

NK細胞活性

老化やストレスなど環境の悪さにより低下します。ウイルスやがん細胞などへの抵抗力も低下し様々な病気になりやすくなります。

年齢により免疫力は低下してしまいます。それは自然なことですが、体に悪い生活習慣によってさらに低下してしまうことが考えられますので日頃から注意が必要です。

検査を受けた方のお声

各免疫細胞の働きとは? >

 

Comments are closed.