青木優美クリニック 胃腸内科

アミノインデックス®検査

「アミノインデックス®」は味の素株式会社の登録商標です。

アミノインデックス®検査とは

血液中のアミノ酸濃度のバランスから、現在の健康状態や病気の可能性を明らかにする検査です。

少量の血液サンプルで短時間に健康状態を調べられるというメリットがあり、健康チェックや病気の診断ができる可能性もあります。今後、自覚症状が出にくく発見しづらい生活習慣病などの検査での活用が期待されています。

また病気を治療中の患者さんに対しても、アミノインデックス®で症状の変化を察知し、適切な処置に役立ててもらえるような研究も進んでいます。

アミノ酸とは

ozon
ヒトの身体を構成する主要な成分であるタンパク質は、数十種類のアミノ酸から構成されます(主なものは20種類程度)。血液中にも体重の約0.002%(体重50kgの人であれば約1g)のアミノ酸が、遊離アミノ酸として存在します。

血液中のアミノ酸バランスの恒常性

血液中の各種アミノ酸の量はほぼ一定になるようにコントロールされています。アミノ酸は、身体の中でさまざまな代謝物とのネットワークを作っていて、そのネットワークを通し、ヒトの生命活動に深く関与しています。

病気とアミノ酸バランス

病気になると、多くの場合、代謝のバランスが変化し、血液中のアミノ酸濃度が変化することがわかっています。
例えば糖尿病の場合、健常なラットと糖尿病ラットの血液中アミノ酸濃度のバランスを比較すると、明らかに違いが見られます。そこで、糖尿病のラットにインスリンを投与したところ、健常なラットとほぼ同じ値に近づくことがわかりました。

がんリスク検査への活用

味の素では、2011年4月にアミノインデックス技術を用いて、現在がんであるリスク(可能性)を評価する検査を開始しました。この検査は、胃、肺、大腸、膵臓、前立腺(男性)、乳腺(女性)、子宮・卵巣(女性)について、現在がんである可能性を一度の採血で評価でき、その簡便さから全国的に広がりを見せてきています。


出典
味の素 アミノインデックス® Webサイト
https://www.ajinomoto.co.jp/products/aminoindex.html

アミノインデックス®は臨床データが高く、
がんになるリスクを教えてくれるため定期的に受けるのがいいと言われています。
(6か月に1回もしくは、1年に1回程度)

糖尿病やがんのリスクへの早期発見につながります。
ペット検査で見えないリスクを検知できる新しい検査です。

料金表 【税別】
検査名 検査料
アミノインデックス検査 22,500円

Comments are closed.